題名のない音楽会 毎週日曜あさ9時放送

NEXT 放送予定

2016.10.02

武満徹の魅力を語る音楽家たち

今年没後20年を迎える世界的作曲家・武満徹を特集します。世界中で演奏され続け、いまやクラシック音楽のスタンダードとなった武満徹作品について、詩人の谷川俊太郎をはじめゆかりのある方々が魅力を語ります。どうぞお楽しみに!
♪谷川俊太郎、渡辺香津美、鈴木大介、藤木大地

出演者

谷川 俊太郎  たにかわ しゅんたろう /詩人
1931年東京生まれ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1962年「月火水木金土日の歌」で第4回日本レコード大賞作詞賞、1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、郵便で詩を送る『ポエメール』など、詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

渡辺 香津美  わたなべ かずみ /ギター
1953年東京都渋谷区生まれ。名実ともに日本が世界に誇るトップ・ジャズ・ギタリスト。17歳で衝撃のアルバムデビュー。驚異の天才ギタリスト出現と騒がれて以来45年にわたり、常に最先端インストゥルメンタル・ミュージックを創造し第一線で活躍中。その速いテンポで繰り出される魅惑のアドリブと芳醇な旋律、演奏技術を緻密に組み合わせることで、音の一つ一つに豊かな表現力を含ませ、独自の<カズミサウンド>を創り出すことでも定評がある、まさしくワン・アンド・オンリーの存在。2015-16年と「ギター生活45周年」を記念した企画を展開中。
オフィシャルサイト http://www.kazumiwatanabe.net/

鈴木 大介  すずき だいすけ /ギター
作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際音楽コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作は高い評価を受け、「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は平成17年度芸術祭優秀賞を受賞。平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第10回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。

藤木 大地  ふじき だいち /カウンターテナー
2012年日本音楽コンクール声楽部門第1位。13年ボローニャ歌劇場にてグルック「クレリアの勝利」マンニオ役に抜擢されてデビュー。17年4月にはライマン「メデア」ヘロルド役でウィーン国立歌劇場にデビューすることが発表された。16年7月には兵庫県立芸術文化センター主催ブリテン「夏の夜の夢」(佐渡 裕指揮)に主演するなど活躍の場を広げている。第19回松方ホール音楽賞受賞。第25回青山音楽賞青山賞受賞。ウィーン在住。

放送予定曲

♪1:小さな空

作曲: 武満徹
編曲: 渡辺香津美、鈴木大介
ギター: 渡辺香津美
ギター: 鈴木大介

♪2:ヘイ・ジュード

作曲: J・レノン、P・マッカートニー
編曲: 武満徹
ギター: 鈴木大介

♪3:どですかでん

作曲: 武満徹
ギター: 渡辺香津美
ギター: 鈴木大介

♪4:死んだ男の残したものは

作詞: 谷川俊太郎
作曲: 武満徹
カウンターテナー: 藤木大地
ギター: 鈴木大介

今後の放送予定

2016.10.09

「バッティストーニの音楽会」

今、ヨーロッパで大変評価されているイタリアの29歳という若き指揮者、アンドレア・バッティストーニを迎え、彼が得意とするイタリアを代表する名曲をたっぷりお送りします。子どもの頃は練習が大嫌いだったのにあることがきっかけで音楽に目覚めたなど、バッティストーニの魅力に迫ります。
♪アンドレア・バッティストーニ、東京フィルハーモニー交響楽団

2016.10.16

「協奏曲の音楽会」

ソロの魅力とオーケストラの魅力の2つを同時に楽しめる協奏曲を特集します。ラフマニノフ作曲「ピアノ協奏曲」を現在ロシアに留学中のピアニスト・反田恭平さんが、プロコフィエフ作曲「ヴァイオリン協奏曲」を五嶋龍が演奏します。
♪反田恭平、アンドレア・バッティストーニ、東京フィルハーモニー交響楽団