放送内容

  • 12/8
    (木)
    #248

    「自費を投じてドキュメンタリー映画を作った河合弘之弁護士が、再びドキュメンタリー映画を監督した〜『日本と原発 4年後』の世界」

    ゲスト
    河合弘之(映画監督・弁護士)

    本業は弁護士だが、2年前自費を投じドキュメンタリー映画を監督し、新作を作った河合弘之氏。脱原発訴訟のリーダーだが80年代は経済事件で「悪党の弁護人」として名を馳せた。「悪党の弁護人」と脱原発訴訟リーダー…2つの顔を持つ河合氏が映画を作り続ける理由は。

  • 12/7
    (水)
    #247

    「“債務超過状態”企業から、会員300万人超のサービスへ、NTTぷらら板東浩二社長に聞く“企業再生”と“映像事業の未来”」

    ゲスト
    板東浩二( NTTぷらら社長)

    誕生7年で会員300万人超と成長を続ける「ひかりTV」。しかし1997年板東浩二氏が運営会社の社長に就任した時、約37億円の累積赤字を抱えて債務超過状態だった。その不振企業を板東社長はどう再生させたのか。そして映像事業の未来をどう考えているのか、板東社長に聞く。

  • 12/6
    (火)
    #246

    「“辺野古移設しかない”政府決定を追認した“辺野古訴訟”…この判決はなぜ出されたか?そして、辺野古移設の行方は?」

    ゲスト
    前泊博盛(沖縄国際大学大学院教授)
    瀬木比呂志(元裁判官・明治大学法科大学院教授)

    国が沖縄県知事を訴えた辺野古訴訟で、裁判長は「普天間飛行場の危険を除去するには埋め立てしかない」「移転は民意に反するとは言えない」として国勝訴の判決を下した。国の政策を全面追認する判決はなぜ出たのか、検証する。

  • 12/5
    (月)
    #245

    「“トランプ大統領”で何が起きる!?分断が深まる米国の今後は?ポピュリズムが吹き荒れる世界の行方は?」

    ゲスト
    吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト)
    八田真行(駿河台大学講師)

    世界が驚いたトランプ大統領の誕生。この結果はなぜ生まれたのか?トランプ政権はどんなメンバーがどんな政策を行うのか?トランプ当選を支えた“オルタナ右翼”の動向は?分断が深まる米国はこれからどこへ向かうのか?世界に何が起きるのか…緊急検証する。