第27話 2004/8/1
「揺れ動く心…」
 烏丸所長が完成させたジャックフォームでパワーアップしたブレイド。ラウズアブゾーバーを預かってきた嶋(相澤一成)は、剣崎(椿隆之)が「人を愛しているから戦う」という戦いの意義を新たに感じてから渡したかったという。

  一方、睦月(北条隆博)は、再びカテゴリーAに心を支配されようとしていた。心配した橘(天野浩成)は睦月にカテゴリーAに打ち克つよう言葉をかけるが、睦月はわかっているといいながらも無性に戦いたくなるときがある、と橘を突き放す。そんな睦月がさらに心配になる橘だが、どうすることもできない。

 バッファローアンデッドが現れた。現場へ駆けつけ、戦うブレイドとギャレンだったが、睦月と嶋がレンゲル、タランチュラアンデッドに変身して戦っているとの報告が。ギャレンはブレイドにバッファローを託すと、2人が戦う現場へ急行する。
 戦いを止めようとするギャレンだが、カテゴリーAに支配されているレンゲルを相手にしては戦うしかない。ギャレンは強烈な一撃をレンゲルに加えると、レンゲルは変身を解除、睦月に戻ってしまう。

 そんな睦月をなおも説得する橘。ベルトを嶋に預けては、と提案するが、カテゴリーAに支配された睦月は、橘を土手の上から突き落とし重傷を負わせてしまう。
 カテゴリーAの力を弱める方法はないのか。ケガをして入院した橘を中心に剣崎らは頭を痛める。が、そんな一同を前に嶋が自分を封印すれば、カテゴリーAの力が弱められるという。封印されれば嶋とカテゴリーAは闘うことになる。嶋が勝てば、その邪悪な心は消滅、しかし嶋が負ければ、邪悪な心はより一層の力を持ってしまうという。いくらアンデッドでも嶋を封印することなどできない。それにもし嶋が負けてしまえば…。剣崎らは嶋の力なしに睦月を立ち直らせる方法を模索することにする。

 そのころ睦月は始(森本亮治)のもとへ。
「アンデッドに取り込まれるってどんな気持ちなんです?」。
 睦月は始に質問をぶつけるが、始の「俺はアンデッドではない、そして人間でもない」という答えに再びカテゴリーAが顔を出した。
「そうか…貴様が“奴”だったのか…」。
 カテゴリーAに乗っ取られた睦月は「俺はもっと強くなる、そのときまで勝負はお預けだ」と敵意をむき出しにする。が、我に返った睦月はそんな言葉の一片すら覚えていない。

 翌朝早く、嶋がナチュラルを残して姿を消した。どうやらカテゴリーA=レンゲルと闘うつもりらしい。
 アンデッドサーチャーで2人の居場所を突き止めた剣崎は現場へ急行。しかし、突然現れたバッファローアンデッドに行く手をさえぎられてしまう。バッファローのパワーに苦戦するブレイドはジャックフォームへ。ブレイラウザーを一閃、バッファローを封印するとブルースペイダーを走らせる。

 一方、レンゲルの前で嶋はタランチュラアンデッドに変身。レンゲルの攻撃をかわしつつ「カテゴリーAの力を抑えろ。そうしたら君に封印されてもいい」と捨て身の説得を始めるが…。
 
脚本 今井詔二
監督 長石多可男
アクション監督 宮崎剛
特撮監督 佛田洋