第6話 2004/2/29
「カリスの正体」
 アンデッドから天音(梶原ひかり)を救うための抗体を取り出すため、カリスはムカデアンデッドを封印。一方、いよいよ体に変調をきたしてきたギャレンは、封印を邪魔された怒りをブレイドにぶつける。
天音を救うための抗体が欲しかったから、と懸命に説明するブレイドだが、ギャレンは耳を貸そうとしない。

 天音が抗体のおかげで回復した。始(森本亮治)がカリスだと見破った剣崎(椿隆之)は直接本人に確認するが、始はただひたすら否定する。
 栞(江川有未)が「アンデッドの封印を解いたのは父」と告白する手紙を置いて失踪した。どうやら彼女なりに重い責任を感じているらしい。心配になった剣崎と虎太郎(竹財輝之助)は栞を探しに行く。

 小夜子(粟田麗)のもとに烏丸(山路和弘)が現れ、ライダーシステムに不備はないと橘(天野浩成)へ伝えて欲しいという。ギャレンの不調は橘の恐怖心が原因だというが、小夜子から烏丸の伝言を受け取った橘には信じられない。小夜子によると烏丸は何者かに追われていたというが、橘には誰に追われているか理解できない。そんな橘も窓の外から宙に浮きつつ見つめる伊坂(本宮泰風)を知る由もなかった。その伊坂の耳に「お前は誰だ」という始の声が。しかし、伊坂は「人間におもねるようなヤツと話している暇はない」と始を突き放す。途端に激しい耳鳴りに苦しむ始。一体、伊坂とは何者なのか…!?

 夜の公園で落ち込む栞を発見した。剣崎は、辛い思いをバネに自分といっしょに人間を救っていこう、と栞を励ます。そのとき栞の携帯に烏丸からメールが入った。
「危険が迫っている。早く逃げろ」。
 いったいどういうこと!?その途端、剣崎らは戦闘服の男たちに囲まれてしまう。剣崎は栞と虎太郎を逃がし、一人男たちと戦うが多勢に無勢。剣崎は特殊警棒で後頭部を殴られ、男たちに拉致されてしまう。

 実は男たちは謎の男・伊坂の兵隊たち。その伊坂は橘の前に現れると、何も言わずいきなり襲い掛かる。ギャレンに変身し応戦する橘だが、伊坂はそんなギャレンの攻撃を簡単にはじき返す。そんな2人の戦いを、始が冷静に見守っていた。
脚本 今井詔二
監督 長石多可男
アクション監督 宮崎剛
特撮監督 佛田洋