矢島悠子 やじまる通信

  1. top
  2. アナウンサー一覧
  3. パーソナルコラム
ボイスサンプル
身長
165cm
出身地
神奈川県川崎市
出身校
神奈川県立多摩高校→
中央大学文学部
入社年月日
2005年4月1日
星座
獅子座

過去担当番組バナー

2017/11/10 Abema×GLOBE「SDGsを考える」

Abema×GLOBE「SDGsを考える」

先月から始まった、朝日新聞GLOBEとAbemaの共同企画
「Abema×GLOBE」。
今回は「未来をあきらめない SDGsで見える世界」というテーマです。

SDGsという言葉。エスディージーズと読みます。
簡単な訳を言うと「持続可能な開発目標」。
環境、人権、開発、平和など国連がこれまで取り組んできた
それぞれの課題をあわせて作られたものです。

2015年9月に加盟している193カ国が全会一致で
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択。
そこにSDGsの17分野の目標と具体的な行動の目安になる
169のターゲットが書きこまれています。

…でも、これを聞いても正直、
どこのどんな話をしているのかまだよくわかりません。
わたしもクエスチョンマークがなかなか消えません。

今回取材した記者の方と話していて、
少しでもわかりやすいSDGsの表現をいろいろ考えてみていたのですが、
「地球がこれ以上破壊されないように、未来の地球が、人類が
これからも暮らしやすい状態であり続けるために、やるべきこと」
こんなイメージで見てもらえたらとてもわかりやすいのかなと思いました。

最近ではよしもとの芸人さんたちが出演しているSDGsを広めるための動画が
出来ました。27種類もあります。とても楽しく見てしまいますよー!
未来の地球は若い世代の皆さんにとっては
自分が過ごしていく未来そのもの。
より身近に感じてもらうために、こうした動画を作ったのだそうです。

このSDGs、今回の収録だけでは正直なところ
理解しきれなかったなと思います。
でも、「遠い国の話だなぁ」と思わないでもらうには?
身近な視点でSDGsを考えられることはないか?を
いろいろ考えてみました。

簡単なところで言えば、
エコバッグを使って、無駄なビニール袋などを
もらわないような努力をすること。

わたしはフェアトレードというものに少し興味を持っていまして、
これもSDGsとは関連があることもわかりました。

この夏持ち歩いていたカゴバッグはフェアトレードのお店で買った
アフリカの人たちが作った手作りのものでした。
とても質の良いものですし、色合いもとってもきれい。お気に入りです。
フェアトレード製品は、近年のファストファッションの感覚で見てしまうと
最初は少し割高に感じますが、不当に値段を下げないことで、それを作っている
人たちの雇用が守られたり、お給料が少し多くもらえたりするのだと思うと
その程度の割高感は問題ないなぁと思いました。

さらに、食品ロス。これもとても関心があります。
最近「フードバンク」に関して調べているのですが、
貧困とは決して遠い世界の話ではないのですよね。
自分の住んでいる自治体にフードバンクがあることを知って、
こんなに身近なところで子供たちの貧困問題があるのだということは
かなり衝撃でした。

また記者の方が言うには、買い物をする際に、企業を良く知って
その企業の社会的な貢献度を調べることで、その企業を選ぶのか選ばないのかなど
ひとつの指針にすることもSDGsを考える一歩になるのだということでした。

自分が出来ることが意外とあるのだなぁという印象を持ちましたが
これはまだほんの一歩にすぎません。
でもこの一歩をみんなが踏み出せたら、大きな前進になりそうな予感がします。

今回の配信をご覧になっていただき、皆さんも
SDGsを考えるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

11月11日(土)18:00~ 「Abema News」にて配信予定です。
どうぞよろしくお願いします。

このページの先頭に戻る