小木逸平

  1. top
  2. アナウンサー一覧
  3. パーソナルコラム
ボイスサンプル
身長
176cm
出身地
埼玉県
出身校
埼玉県立浦和西高校→
中央大学文学部哲学科
入社年月日
1998年4月1日
星座
牡牛座

2014/7/24    取材メシ日記 その⑥…再会

遠~い昔。あ、15年ほど前ですけどね、「新人」からちょっと脱皮したぐらいの頃。
当時担当していたワイド!スクランブルで“コーナー”を持たせてもらえることになったのですよ。なんとグルメの。

その企画を立ち上げたのはモーニングバード「そもそも総研」等で、舌鋒鋭く諸問題を取り上げる“あの”玉川徹氏。あのころ玉川さんは曜日担当チーフ(のディレクター)だったかと。
その名も「追求グルメ!」(…ああ、タイトルからして玉川さんっぽい)
このコーナーは、まるで社会問題を取材するかのように海でも山でもスーツで赴きグルメの本質をとことん取材する、というのがテーマなのでした。

印象深かったのが「讃岐うどん」の回。小難しいことも色々トライした気がしますが、それはさておき、とにかく旨かったんですよね、初めての本場・讃岐うどん。「釜玉(かまたま)」っていまじゃどこでも食べられますが、私はこのロケで初めて食べまして、旨すぎて涙が出ました本当に。

そのロケの時に、うどんに入れるネギを横の畑で客が自ら採ってくる、という衝撃的な体験をした知る人ぞ知る名店に「再訪」したのです。前置きが長くなりましたが。

香川での取材中、ぽっかりと時間が空く千載一遇のチャンス。しかもお店が近い。ということで迷わず行ってみました。・・・当時「いっぺい!いっぺい!」と呼んでくれた愛すべきおばちゃんは元気だろうか、、、

いました、おばちゃん。元気そう。

私の顔をじっと見て「ありゃ、コギイッペイちゃんやん!」とまさかのフルネーム。おじちゃんはちょっと耳が遠くなったと嘆いていましたが、でも元気元気。昔話に花が咲き、店の奥まで上り込んで記念撮影。もちろんうどんも頂きました。ここのはちょっと柔らか目で、生醤油をかけてシンプルに食べる昔ながらのスタイルです。おばちゃんの人柄なのか味なのか、ついてきてくれたスタッフも「ここのが一番良かった…」と何だか満足気。

津々浦々に取材に行っておりますと、時たま、こんな嬉しい再会に恵まれます。

おばちゃん、写真おくるからね!

このページの先頭に戻る