金曜ナイトドラマ
あいの結婚相談所

2017年7月28日スタート!
【毎週金曜】 よる11:15~深夜0:15放送 ※一部地域を除く
PR動画

【みどころ】

「結婚に恋愛は必要ありません!」
山崎育三郎、待望のドラマ初主演!
“成婚率100%”の結婚相談所 所長に!
この夏、新たな毒舌ヒーローが誕生!!
ヒロイン・高梨臨とのフレッシュなコンビで
ワケあり男女を結婚へと導きます!

あなたは結婚に何を望みますか?
不器用な恋愛を強烈なキャラクターを誇る結婚相談所所長が一刀両断!
山崎育三郎が元動物行動学の准教授にして結婚相談所所長を怪演!?
アシスタントを務める、シスター役の高梨臨とともに
“ワケあり男女たち”の出会いを、あの手この手で結婚へと導きます!

■絶対、結婚させる男!「金曜ナイトドラマ」史上初の“結婚”ドラマが登場!

 2010年6月~2016年「ビッグコミックオリジナル増刊号」で連載された加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化。「生涯未婚率」(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)が過去最高を記録(2017年4月発表)、“恋愛に不器用な”男女が急増する今、大人の男女が楽しめるエッジのきいた恋愛&結婚をテーマにしたエンターテインメントドラマをお届けします!
 主人公の元動物行動学の准教授で結婚相談所所長の藍野真伍に、ミュージカル界のトップスターで、今作が待望のドラマ初主演となる山崎育三郎。藍野の相談所でアシスタントを務める“ヒロイン”シスター・エリザベスに、恋愛ドラマに主演するなど人気急上昇中の高梨臨というフレッシュな顔合わせが実現。毎回、結婚に悩むワケあり依頼者をゲストに迎え、入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所が“あらゆる手段”を用いて依頼者の願いを成就させます。

■ドラマ初主演!山崎育三郎演じる所長は動物好きの奇人!?新たな毒舌ヒーロー誕生の予感大!

 入会金はお高いものの、200万円さえ支払えば条件にピッタリの相手を探し出し、必ず結婚へと導いてくれる「あいの結婚相談所」。成婚率100%の秘密は、山崎演じる藍野所長の動物行動学の研究を活かした独自のカウンセリングにあります。
 その特徴の一つが「婚約が成立するまで、お相手の方と直接会ってはならない」というルール。そこには藍野所長の「愛は邪(よこしま)なもの。余計な恋愛感情をできるだけ排除することが成婚への近道」という信念があります。恋愛なしで結婚なんて…。依頼者の誰もが半信半疑でパソコン動画を通しての会話を重ねてお互いを知っていくことになります。
 それだけではありません。さらに強烈なのが、ミュージカルスター山崎育三郎ならではの藍野所長のキャラクター。神出鬼没で何かにつけて見たこともない動物や昆虫の生態を例にとり、依頼者とお相手の性格や心理を分析。時にそれは触れられたくない部分にまで遠慮なく踏み込み、“大切なお客様”である依頼者に、「言葉を選ばずに言うと…」と切り込み、イラッとさせることも!?そんな人を見下す冷淡でキザな藍野所長ですが、動物行動学の権威であるからか一見結びつくことなどなさそうなカップルも最後には結婚へと導いてしまう。これまでのドラマにはない新たな毒舌ヒーロー・山崎育三郎の姿がそこにはあります。

■アシスタントのシスター役の“ヒロイン”高梨臨はコメディエンヌの才能全開!

 一方、そんな藍野とは対照的な存在となるのが、高梨演じるシスター・エリザベス。修道服に身を包み、アシスタントの自分はもちろん、依頼者にまで上から目線で失礼な言動を繰り返す藍野所長に対し怒りを露にすることも。シスターであるにもかかわらず、依頼者がイケメンだとすぐに惚れ込んでしまい、藍野の指示を無視して依頼者のために行動が先走り、しばしば失敗。最終的に藍野がみごとにカバーして事無きを得ますが、それだけに藍野に昆虫並みの頭脳などと揶揄されても言い返すことが出来ず、藍野の手腕を認めざるを得ません。口では厳しいことを言いながらもシスター・エリザベスのひた向きさを認める藍野、シスター・エリザベスは健気にそんな藍野の期待に応えようと失敗を繰り返しながらも必死についていきます。シスターの成長とともに2人の関係にもどんな変化が訪れるのか?変人キャラ・山崎育三郎と猪突猛進キャラ・高梨臨のコミカルな2人の掛け合いもドラマのもう一つのみどころといえるでしょう。

 はたして200万円もの大金を手に結婚を夢見て「あいの結婚相談所」のドアをノックする依頼者とはどんな“ワケあり”の人たちなのでしょうか?そして、奇人とも言える元動物行動学の准教授・藍野所長はどのような化学反応を起こして成婚率100%という伝説を守り続けるのでしょうか?

主な登場人物

藍野真伍(あいの・しんご)

山崎育三郎

 元動物行動学の准教授。「あいの結婚相談所」所長。あらゆる動物や昆虫の生態に詳しく、動物・昆虫のフィギュア集めを趣味にしている。冷淡な印象で周囲の神経を逆なでする言動が多い。
 アシスタントでもあるシスター・エリザベスをこき使い、真面目なシスターとは常に衝突するが、軽くあしらっている。
 依頼者やシスターに対して常に横柄な態度をとるため、特に依頼者からの第一印象は最悪。昆虫の生態と依頼者の性質を重ね合わせることを得意とする一方、なぜか歌の素養も持ち合わせている。

シスター・エリザベス/猪田花子(いのだ・はなこ)

高梨臨

 訳あって「あいの結婚相談所」で藍野のアシスタントを務めるシスター。真面目で融通がきかず、思い込みが激しい。母性が強く、惚れっぽい。「依頼者同士は婚約するまで会ってはならない」などの藍野所長の掟に反対している。シスターにもかかわらず、すぐに依頼者のことが好きになってしまい、母性で応援。おかげで依頼者から信頼されるが、お人よしであるがゆえに依頼者のウソに騙されることも。早とちりからトラブルを招くことも多く、藍野からその度に昆虫レベル扱いされる。

第1話あらすじ

2017年7月28日放送

 元動物行動学の准教授・藍野真伍(山崎育三郎)が所長を務める「あいの結婚相談所」に一流証券会社の社員・横田がやってきた。横田はビルの屋上から景色を眺めていたところを、飛び降りと勘違いしたシスター・エリザベス(高梨臨)が無理やり制止。そのとき渡された結婚相談所のチラシを見てやってきたらしい。実はイケメンの横田にシスターは早くも心奪われて…。

コメント

山崎育三郎 コメント

 僕が演じる藍野は、一見掴み所がなくミステリアスに感じますが、とても魅力的な役なので、どのように役と向き合うか今からとてもワクワクしています。
 入会金200万円という大金を持って現れるワケありの男女が、どんな理由があって結婚相談所を訪ねて来るのか、毎週替わる相談者役の個性豊かなゲストの皆さんとの共演も楽しみです。
そして、彼らの悩みを藍野マジックでどのように解決していくのかが、毎回のみどころになると思います。
 今回初共演させて頂くシスター役の高梨さんは、とても穏やかでおっとりされている方なので、今回の天真爛漫な激しいキャラクターをどのように演じられるのか楽しみです。
 連続ドラマの主演は今回が初めてなので、プレッシャーや緊張もありますが、自分らしく、自分にしかできない藍野を作りたいと思っています。
この作品は大きな「挑戦」です。
今までにない、日本の新しいドラマの誕生を楽しみにしていて下さい。

高梨臨 コメント

 私が演じるシスターの目線で見ると、藍野さんはこんなことを考えて2人を結び付けようとしていたんだ!という驚きがあります。そこが毎回のストーリーでとても面白いところでもあると思います。それと毎回、結婚相談所が提示する“愛の形”が面白いと思います。あとは2人の掛け合いがすごくコミカルで面白い!キャラクターもお互い濃いですし、山崎さんとどういう世界観が出来てくるのか、私自身も楽しみですし、ドラマのみどころになればと思っています。
 私の中で山崎さんは王子様のイメージ。先ほどの撮影ではバラをくわえられていましたが、バラをくわえて許される男性は山崎さんぐらい、と思えるほどです(笑)。これからの3か月でそんな完璧な王子さま、山崎さんのいろいろな面が見られたら、と思っています。
ぜんぜんシスターっぽさは出てこないシスター役ですが(笑)、自分がこれまであまり演じたことがない新しいキャラクターなんです。たくさんツッコミを入れたり、コミカルな部分もあって、そこは自分の中でも演技をする上での挑戦だと思っています。新しい結婚の形というか、こういう愛もあるんだと思える部分もあって原作はすごく面白い。その面白さをこのドラマで皆さんに届けられたら、と思っています。

竹園 プロデューサー コメント

「愛とは?」という普遍的なテーマに、チャレンジングな切り口で挑んだエンターテインメントドラマです。テレビの枠を超えるダークヒーロー・山崎育三郎さんとコメディエンヌ・高梨臨さんの掛け合いは今から楽しみです。原作もそうですが、物語がしっかりしていて、ビターな展開やどんでん返しもあり、大人も十分に楽しめるドラマになっています。
「愛の成就のヒント」がたくさん散りばめられているので、是非ご期待ください!

スタッフ

原 作

加藤山羊・矢樹 純
「あいの結婚相談所」(小学館ビッグコミックス刊)

脚 本

徳尾浩司 ほか

ゼネラルプロデューサー

横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー

竹園 元(テレビ朝日)
川島誠史(テレビ朝日)
木曽貴美子(MMJ)

演 出

星野和成 ほか

制 作

テレビ朝日
MMJ